Millennium Column 2000 January

ヴァーテックスのお話...


■pieces... 私のかたわれはいずこに...

占星術において、実際の星ではないけれども、特定の意味を作り出す“敏感なポイント”があります。実際に目には見えない場所ですが、誰もが生まれながらに持っているポイントです。そしてそれは時に、通常の天体だけの占いでは現れてこない微妙な意味合いや働きを非常に強く発することがあります。
そんなポイントの中に、「根本的な、人との関わり」を表す “ヴァーテックス” というポイントがあります。
チャートにおいて、他者や外側の環境を表すのは、まず “ディセンダント” です。ディセンダントは、特に人だけでなく、その人を取り巻く様々な環境としても現れやすいでしょう。
一方、 “ドラゴン・ポイント” と呼ばれる「カルマ的な人との関わりを表す」ポイントもあります。そこでは特に意図しなくても、いつのまにかその近くで、本人はあまり意図することなくとも曖昧な形で人との関わりができやすいポイントなのです。

他方、 “ヴァーテックス” は、より具体的なレベルで、「自分とは異なった要素を持った他人と関わる点」を表します。“ヴァーテックス”の方も普段は意識しないのでしょうが、何かしら人を通して「自分にない要素」を取り入れているようなポイントです。そこでは人は無意識的であるため、他人に“投影”を起こしてしまうポイントであり、そのようなものを持っている人と無意識的に関わろうとするポイントなのです。誰か自分以外の人を見て、「自分とはとても違う...」そんな不安な気持ちにさせられつつも、何か引き寄せられてしまう... そんな時、このポイントが関わっているかもしれません。
これは、相性においても重要です。本当は自分自身も持っている性質なのだけれど、自分のものと自覚しづらい... その結果、そのポイントを刺激する人に対して過剰に反応しやすい「運命的なポイント」。そして相手との間に触媒反応が起きます! 自分自身を明け渡し相手の存在を完全に受け入れようとする、そんなファンタジックなポイントです。意思の自覚なしに、引き寄せられてゆくポイント...。


なにゆえわたしは、あなたににひきよせられるのか...
わたしの中の、失われた古(いにしえ)の影を求めて...



天文学的には、ヴァーテックスとは黄道(太陽の通り道)と Prime Vertical (天の真西と真東を縦に結ぶ線)の交点です。すなわち、太陽が最も西側にくる場所が、ヴァーテックスです。ディセンダントは黄道と地平線との交点なので、実際には真西にはなりません。ヴァーテックスが、太陽が通る「本当の真西」です。西の最果てなのです。
西... ここから最も遠い場所... 魂の休む、浄土...





[ ヴァーテックスの働き方:簡易例 ]
Hestia のヴァーテックス
射手座10.99 in 5th house trine 金星
                  trine キローン
                  square 太陽
                  sexile 水星・木星

・射手座のヴァーテックスは、長期的なゴールと価値への志向。休むことない心の活動を、他人と関わることでつむぎだそうとします。思考し話す知的活動によって人と関わろうとします。生涯学び続けること、学生や教師、また新しいものを探し求める旅行者のような価値観が、人との縁を結びつけるものでしょう。
・太陽とのスクエアは、自分を明確に認識することと、他人と親密な組織を作ることとの間に葛藤があることを表します。行動欲求、向上心、自ら輝き世界に受け入れられたいという欲求と、自然に現れる自己表現との間に葛藤があるのです。
・金星とのトラインは、快適で調和的な、美しく快適な生活を自分と他の人のために作り出すことのできる能力です。ただし、それを求めすぎ、怠惰になる傾向もあります。
・木星とのセキスタイルは、真理との関わり。教育や旅行、宗教や精神世界、他のあらゆる探求を通して、真理を求める傾向。長い時間をかけた探求により理想と倫理、価値を求めること。
・水星とのセキスタイルは、それら木星の求める真理の追究を、人々との知的コミュニケーションによって求めようとします。

火のサイン・真理を探究する射手座のヴァーテックスは、つねに日常の価値観を越えて「さらに高く」羽ばたく可能性をつむぐ縁をもたらすでしょう。もたらされる縁は、日々の糧のためではなく、永遠の、心の糧を養うものです。時に縁ある人がもたらすのは、慣れ親しんだ自分自身の狭い価値観という檻から、未知で荒々しい外の世界に連れ出すものでしょう。
射手座10度のサビアンは「古代の神殿の左側の部分で、ランプが人間の形の容器のなかで燃える」。古代の智慧を人格の中に取り入れ進化しようとする度数です。進化という「未来への鍵」は、すでに古くからの埋もれた智慧の中にある。次の時代においてもすたれず残りうる本質的で根源的な「智慧」。そのような智慧を求める欲求が、人との縁を作る大きな河の根底に流れているのです。目を見開かせる眩いばかりの真理と広がり... それは本人の自我(太陽)にとっては危機です。恐い! 自己保存と脱皮への欲求... これは大変な矛盾なのです。「本当にあなたと関わるためには、私の中の自我の息の根を殺さねばならない」。それは無意識的に、自我の首を絞めて殺してくれることを求めているのかもしれません。そしてそこには傷(キローン)を掘り起こした後の本質的な癒しがある。自我を超えた魂の復活。金星とトラインで5ハウスに滞在することは、それが愛の関係によってもたらされ維持されることを示しているでしょう。





ご自分のヴァーテックスの状態を知りたい方は、
  ・ヴァーテックスの位置
  ・それから分かるあなたの性格と人との関わり
  ・あなたにとってのカルマ的な縁
  ・あなたと特に縁のある誕生日
  ・縁の出来る時期・対人的な学びの時期

                        を、メールにてお伝えします。

ご依頼は、こちらからどうぞ → info@astrologyhestia.com
「ヴァーテックス鑑定」と記し、生年月日、出生時間、出生場所(都道府県・市町村郡名)を添えてください。
鑑定内容は、メールにて送付します。実際の鑑定内容は、上記の簡易例の2〜3倍の分量です。 \3,000 申し受けます。
相性(2人分)の鑑定の場合は、ヴァーテックスと他のポイントも考慮し、カルマ的な関わりを鑑定します。 ¥6,000申し受けます。