雪代さんの写真について...etc.


雪代 こうして他の人の解釈を読んでみると、私は太陽まではある程度 理解できてるけど、火星、木星あたりは今ひとつだなーと思います。
hestia だいたい、年齢域からして、そうですね。 太陽が理解できているなら、すごいと思います。 私なんて、水星、金星くらいまでは個人化できていますが、 太陽になると、「この写真は太陽になっていない」といわれてしまいます (~_~;;;
雪代 年齢も30歳になるところで、太陽の年齢域のまんなかくらいですし。 木星についての hestia さんの解釈、とても感心しました。 火星との絡みをすごく明快に説明されていますよね。
hestia カバラの生命の樹にならべると、常に、左右対称で考える癖が ついてしまいますね。 個人的に、生命の樹は、直感的に把握しやすいものがあります。

 
火星・木星・土星
雪代 木星は増幅かあ、とか、改めて気づきました。そういう意味で木星を見たことが なかったです。マスコミとか一般大衆っていう意味は強く感じていたのですが 芸術や学問をわかりやすく(ある時は安っぽく)変化させて広く広める働きですよね。
hestia むしろ、その雪代さんの解釈の方が、個性的というか、おもしろいと思います。 「木星=増幅」なんて、陳腐ですよ。 木星は、射手座のルーラーなので、宗教とか、普通もっと高尚に考えられて いますけど、ある意味、「常識的」でもありますから、一般大衆っていう ことにもなりますね。あぶないもの、尖がりすぎたものは 木星ではないでしょうから。
雪代 木星に対してあまりいいイメージを抱けないのは、テイルが木星と合だからかな と思います。テイルは天王星とも合なんですけれど。 どちらかというと、土星を頼りに生きているところがあるので(^^; どうしても木星を否定したいのかもしれません。 土星のアイデンティティーって、木星を否定することで成り立っているように思うの で。
hestia 生命の樹だと、否定というよりは、火星−木星の統合が土星になりますね。 どちらかというと、木星側から見て、土星には否定されているように思える気がします。 土星にしてみれば、木星は内に取り込んでいるような、、、というのは変かな?
雪代 でも私の場合は1室に水星があって、世の中を渡る手段としては水星を全面的に 使っているような気がします。月とオポのこの水星は端から見ても目立つみたいです ね。
hestia 1ハウスの水星、いいですね、、コミュニケーションが 得意そうで、周りから見ていて分かりやすい感じがします。

  
金星
雪代 金星はあまり使っているという意識がないです。男でも女でも金星がいい状態の人に は すごく惹かれますね。誰でもそうかな。
hestia 土星と合ですね。すごく特徴のある金星だと思います。 私は、土星とスクエアなのですよ。 だから、雪代さんの金星趣味、すごく分かります。 私も硬質な美って、好きですね。 金星の写真では、ゴールドカラーの天使の像とか 撮ってましたし...(硬くメタリックな金星、と言われてました)
雪代 ああ、わかります。とっても。そういうメタリックな天使像ってとても金星的だと思います。 ブロンズのマリア像なんかを撮りたかったのですが、巡り合えなくて。

  
太陽
雪代 「屈折のない太陽」というのは、全くそのままで苦笑してしまいました。 日ごろ毒づいてはいるんですけど、根本的なところでは楽観主義者で、 人間も人生もこの世の中もすべて大好きです。
hestia そうでしたか...チャートから勝手に想像したのですが、 大きくはずれてなくてよかったです(^^) 確かに雪代さんの日記は、「毒づいて」らっしゃいますが (じつは、私は雪代さんの日記のこの個性の、すごいファンなんです(^^)) 基本的な「自意識」というか、「自分で作る人生」みたいな太陽意識が すごく健康というか、本当の意味でそれらを信じているような 感じがして、見ていて良いなー、という感じがしました。
雪代 といって無条件に好きなのとはちがって、思いやりのない人とか考えのない人なんかは ものすごく嫌いなんですけども。
hestia そうですね、きっと、自分や他人、環境を愛せない人を見るのが いやなのではないでしょうか? (それは、すごく健康なことだと思います)
雪代 私の人生に対する気持ちっていうのが、日の当たってる太陽の写真と 冥王星の明るい虹そのものです。
hestia 冥王星が明るいって、いいですね(^^) きっと、写真研究会だと、「冥王星の世界をめざしている」と いわれることになるでしょう(^^)

  
小惑星について
雪代 ところで、「Hestia」というのはそういう由来だったのですね。 小惑星は今年に入って急激にわかってきました。それまではどれがどの記号なのかも さっぱりわかっていませんでしたが。 私はセレスが Hestia さんと同じようにアセンダントの 0.1度手前にあります。かなりタイトに合 なんですけど、12室なんですよね。
hestia そうすると、私と正反対ですね。(私は、ディセンダントにセレスがあります) セレスがアセンダントっていいですね、常に、種まきをしている ような感じでしょうか? 私はディセンダントなので、常にお互い、何か学びあえるような建設的な 関係を、対人関係に求めているようです。 そうか、そうすると、雪代さんは、自分自身で、自分に(ひとりであっても) 種まきができる人なのですね。 ディセンダントだと、成長のために、人を必要とする、という気がしてきまし た。
雪代 以前、biquinさんのHPの座談会で「アセンダントにセレスが合の人は 見返りを期待しない行動をとる」という発言があったと思うのですが 今ひとつピンとこなかったです。アセンダントに近すぎる惑星は自分では意識しにくい ものなのでしょうか。小惑星だからものすごく影響が強いわけではないのでしょうか。
hestia 私も、始め、アセンダントにベスタといわれても、ピンときませんでした。 ところが、友人にいわせると、外見的な雰囲気がぴったりなのだそうで、 おどろきです。 小惑星は影響が小さい、ということはないと思います。 重要な位置にあれば、重要なのでないでしょうか? とくに、アセンダントというのは重要だと思います。 私の場合は、特に、10天体で複合アスペクトができないのですが、 だからこそ、小惑星がけっこういろんなところにヒットしていたりすると、 「そうか、現代風の価値観である10天体よりも、なんか古代のわけのわからない 価値観に近いから、こういう個性になるのか」とか、勝手にこじつけています (~_~;;;
雪代 Hestiaさんはディセンダントにセレスですか。育てられ、育てあうことを求めるタイ プということでしょうか。
hestia そう、そうです。 これが偏屈になると、メリットのない相手には興味がなかったりして。。 ありがちなのは、知識を与えてくれる人を求める。 あとは、動物の世話をするように、やさしくやさしく気遣ってくれると うれしいですね(^^)
雪代 そう考えると、私は育てる一方ですね。育て合うというビジョンはないですね、自分 の中に。 誰かに育てられる、という意識もないような気がします。「成長」とか「教育」っ て、授業を受けたり 先生に付いたりしても結局は「自分で自分にほどこす以外、しかたがない」という イメージがあります。どんなに立派な先生に出会ってもその教えを身に付けるのは自 分次第というか。
hestia なるほど...正反対の位置のセレス... なかなか自分と違っておもしろいです。 でもきっと、雪代さんは意識してなくても、雪代さんの個性としては、 いつのまにか周りをはぐくむようなものを与えている というか、そういう個性がにじみ出ているのかな? やっぱり、このあたりは、お話をうかがってみるとおもしろいですね。 なるほどなるほど、という感じです。 私は、いつもいつも、「教える」とか「教わる」ということが テーマになってますが、(これは3ハウス過剰のせいもあり) 教わる内容がどうとかいうよりも、その「過程」がすごく おもしろかったりします。 昔は、塾講師とか、家庭教師とかしていましたので、 相手が育っていくのをみるのはたのしかった(^^)
雪代 「自分で自分にほどこす以外、しかたがない」と、こういう考え方だと、他人との関わりが希薄になってしまうという欠点があるんです よね。
hestia なるほどねえ。だけど、たしか、雪代さんのディセンダントは蟹座だったのでは ないでしょうか? で、ツーラー月も7ハウス。 他人との関わりは、特に何かのため、というわけではなく、 関わり自体を楽しむことができそうな感じもしますが。
雪代 雰囲気がベスタ、ですか。いいなあ。HPでお写真拝見しましたが、確かにそうか も。
hestia いいですかあ?ベスタって地味ですよ(^^;;;
雪代 ベスタって奴隷ですけど、いろんな人のために身を削って奉仕してるんですよね。
hestia 神話的にはそういうことになりますね。 だけど、約束を破ったりすることに、すごくきびしいそうな。 ベスタ神殿の火は決して絶やしてはならない、そうですしね。
雪代 表面的には弱くって人の下で働いているけど、芯は強いっていう感じですよね。
hestia それはあるかも。人間界にはつかえずに、神との交信をしている 巫女たちですから、ベスタの女神たちは。 これをね、自分の力が漏洩するのを恐れて現実の男とは交わりたがらない、 と言われました。だから、けっこうアセンダントのベスタは閉じた個性だと 思います。
雪代 Hestia さんも、はかなげな容姿ながら芯の強そうな印象です。(勝手に言って すみません)
hestia はかなげじゃないですよー、実際会いましたら(^^;;; 月の影響で、身体的な印象は虚弱っぽい感じですが。
雪代 じゃあ私は雰囲気がセレスなのかというと、自分のことって本当にわからないです。 「お母さんみたい」とかよく言われます。「子供が似合う」「子供が好きそう」「子供の 扱いに慣れてる」とか。やっぱり雰囲気に出てるのかな、とも思うんですけど、 子供は苦手です。
hestia 雰囲気、でているかもしれませんね。。。 日記の印象では、すごく知的で個性的で、しっかりしている方、という 感じですが、文章と外見はけっこう異なるもの、 お会いしてみたいです(^^)

  
惑星写真の今後
雪代 そろそろ惑星写真の第2騨を撮らないと…と思っているのですが、なかなか。
hestia 雪代さんの惑星HPすごくおもしろいです。このホームページの反響で、ここまでやって下さった 方はいませんし、身近でも、こちらが負けてるなー、という感じで、 雪代さんの展開、興味深く注目してます。
雪代 「空」とか「建物」に限定して撮ってみようかなとか、そういうのばっかり考えてし まって オーソドックスな惑星写真の方がおろそかになってしまいます。
hestia 限定もおもしろいですね。 私も、そういう限定で撮ってみたいです(金星、土星のアスペクトのせいかも) とくに、「空」バージョンとか、すごく撮影はむずかしいでしょうが、 10天体撮れたらすごいでしょうねー、すごい想像力と創造力がないと できないでしょうから。期待してます(^^)。




雪代さんの10天体   Home