Tackyの3天体

 Tackyさんは、96年12月の Y.T.さん です。月以外の写真は初めて見せていただきました。
 今回Tackyさんは、月に加え右側の軸の2つの天体を撮影しています。以前 の月の写真から、環境への意識の広がり(右側)がどのように伸びていっている か、その様子がうかがえるようです。
 同じ右側の軸の天体のためか、構図的にはよく似ている写真のようです。特 徴は、建物と道、ということでしょう。これは何か、「建物」というテーマを決 めて天体を撮ったかのようです。そうでないなら、「建物」が象徴的に表すこと が、今のTackyさんにとって重要なものなのかもしれません。このように結果的 に対象が絞られた写真というのも天体ごとの違いが比較しやすくおもしろいです 。



木星





金星









研究会報告に戻る   Home