惑星TRPGの試み...



■実録その1:「就職問題 ??」(男性) --- 解説付 ---

Natal Chart
別枠で開きます

配役は主に...     演じますのは...
(蟹座5h)   (男性:チャートの本人)
木星(牡羊座2h) (女性)
冥王星(天秤座7h)(女性)
水星(山羊座11h) (女性)

後に、
火星(双子座4h) 太陽(射手座10h) 海王星(射手座10h) も登場...

(これは外部からの声... = 本来はファシリテイター役です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TRPG
解説
月: どうしようかなあ、働きたくないなあ、もっと遊んでたいのになあ
 
  ↑ 蟹座の月の優柔不断さが表現されています。蟹座は月の本来の位置なので、月の本来の月らしい性格がそのまま出てきます。月はプライベートを表すので、社会に出て働くというのは、まどろっこしいのです。5ハウスにあって「もっと遊んでいたい」となるのでしょう。
 
木: やる気さえあれば、もっとお金かせいで遊べるんだから、もっとがんばらないとだめ!
 
  ↑牡羊座の木星...「やる気さえあれば」という向こう見ずさが、牡羊座らしいですね。月とはスクエアなので、意見は合いません。木星は2ハウスで、「かせぐ」ことに興味が向かいます。月は5ハウスでお金を「使う」ことに興味が向かいます。
 
月: そっか お金入るんだよね(^^)
 
  ↑共感しやすい蟹座の月です...相手の意見を立てようとします(^^) また、「お金はいる」は、「お金使える」と月には聞こえているかも??
 
木: お金入ったら遊べるんだから!
 
  ↑「遊べる」ことは木星には興味はないはずですが、上手く月を「あおって」いるのでしょうか...
 
月: お金ほしいよね お金入ってビッグになってスキューバとかやりたいしなあ
 
  ↑「ビッグになって」というのは、この月だけの性質ではでてきません。アスペクトをとる木星の影響がすでにここに現れているように思えます(あるいは蟹座らしい同調)。
 
冥:
 
本当はお金なんかほしくないくせに あっちの世界につかりたいんでしょ なんか社会的にとかどうでもいいんでしょ
 
  ↑これは演技者が、冥王星そのものの力になりきっている感じです。天秤座や7ハウスということからは、もう少し社会性は出てきそうですが...
 
(グランドクロスだからそれを考慮してね)
 
木:
 
僕ってこうなんだ、っていうそういう、何かわからないけどやりたいことをやりたいよ
  ↑「なにかわからないけど」...具体性のない牡羊座らしいところです。血がさわぐだけです。2ハウスということから、自分の資質を意識して、「僕ってこうなんだ」という発言になっています。
 
水:
 
その「何かわからないけど」っていうのが問題なんだよ、もやもやと広がっていくだけで...
 
  ↑質実剛健、実質性を求める山羊座(の水星)らしい発言です。
 
月:
 
家からは出たくないんだよな...
 
  ↑遊び好きな5ハウスより、蟹座の方の性格が出ています
 
木:
 
それでも男か!!
 
  ↑男の世界!! 根性の世界!! の好きな牡羊座...(^^;;;
 
月:
 
傷つくの怖いしね
 
  ↑蟹座の保守性が良く出ています。
 
水:
 
傷つかないと立派な大人になれないよ
 
  ↑山羊座は「大人の意識」です。水星は純粋な知性なので情感的なものは分かりません。月の感情に対し、頭でアドバイスしています。水星は月とオポジションで鏡のような位置関係。客観的な意見を述べる役になっています。
 
木:
 
ほら、だからビッグになってよ
 
  ↑「ビッグ」というキーワード一点張りの単純な牡羊座...
 
月:
 
うん、ビッグにはなりたいよね...
 
  ↑??月自身は本当にビッグになりたいのかな?自分と他人の意見が混乱して分からなくなるのも、蟹座の月らしいですが...(^^;;;
 
水:
 
だから社会に出ようよ
 
  ↑オポジションの位置関係は、具体的な行動の引き金となります。そういう役目をやっていますね。
 
月:
 
うーん、社会ねえ どうすればいいのかなあ
 
  ↑5ハウスはまだ個人性を表す下半球のハウス。社会がどういうものか、本当には分かっていませんし、まだ興味もありません。
 
冥:
 
社会というかさ、もっと新しい世界に踏み出してみたいって気はないの??
 
  ↑天秤座で7ハウス(の終わり)の冥王星、まさに「新しい世界」を追求しそうです。
 
月:
 
うーん すごくあるんだけどね、すごくあるよね、多分...
 
  ↑多分、月自身には「ない」と思います。木星や冥王星という拡大する惑星のハードアスペクトでそれらの影響が出ています。「多分」というのが、躊躇する月自身の言葉です(多分...)。
 
水:
 
ぶつぶついっているばかりでなくて、ひとつらい建設的なことはないのか!
 
  ↑「建設的」...実際的な山羊座のキーワードです。山羊座は結果が出ないのがいやなのです。
 
月:
 
建設的? というかさ、ロマンチックというか...でかいことやりたいんだよね やんなきゃいけないんだよ!!
 
  ↑「ロマンチック」というのは、5ハウス的なドラマ性への欲求。「でかいこと」というのも5ハウスの影響もありますが、やはり冥王星と木星のアスペクトの影響に見えます。「やんなきゃいけない」というせっぱつまった感じはハードアスペクト特有のものだからです。
 
木:
 
やりたいのになんで閉じこもってるんだよ ?!
 
  ↑心情的な(特に水のサイン特有の)揺れる感じというのが、牡羊座には分かりません...
 
月:
 
うん、やんなきゃいけないよ 何をやろう?
 

 
木:
 
何かやろうとは思うんだけど何か具体的にはわからないのよねー、あんたは
 
  ↑といいつつ、木星にも具体性はありません。が、そのことに牡羊座の木星は気付きません...
 
月:
 
なんかやらなきゃとは思うんだけど... 何をやるかはおまえが考えろ(水星に向かって)
 
  ↑これは水星に責任を転嫁しているように見えて、実は、行動の原動力になるオポジションの力を上手く使おうとしているように見えます(けっこう建設的な視点の変化かも)。
 
木:
 
夢を実現させてビッグな収入とか...
 
  ↑「夢」「ビッグ」と牡羊座らしい冒険心の一方、しっかり収入のことを考えているのが2ハウスらしいです。
 
水:
 
夢ばかりでかいよな
  ↑山羊座の水星がいきなり現実に戻します。水星と木星もスクエアで意見は合いません。
 
月:
 
そこのバランスをおまえがとるんじゃないか !!(水星へ)
 
  ↑スクエアが単に自分の意見を主張するのに対し、オポジションでは相手に働きかけようとしています。
 
木:
 
夢へ行かずにここで(月・金星トライン)女とばっかり遊んでるとかじゃないのか ?!...しかも蠍座の金星、はまりそう...
 
  ↑金星のアスペクトをつっこんでいます。木星と月はインコンジャンクト(150°)なので月と木星も友好関係にありません。
 
月:
 
それじゃいかんだろ、このままじゃ一生、内にとじこもったままだ、私は!
 
  ↑金星とのトラインは、唯一月にとって安心できるところなのですが...そんなに自分をいじめなくても、このトラインを生かしてもいいのにね...
 
木:
 
そんなちまちまと事務仕事みたなことばかりやっているうちに人生が終わっていくぞ!
 
  ↑あおるのが上手い牡羊座の木星です。
 
水:
 
って、発想ばっかりふくらんでも全然伝える手段がないよう
 
  ↑山羊座の水星:実際的です。
 
木:
 
じゃあ何すんの?
 
  ↑という風に、牡羊座の木星には実用性がありません
 
月:
 
太陽がでてこないとこれは収集がつかないな... 太陽はどこにいるんだ ?!
 
  ↑他の天体にお助けを求めました。月と太陽にはアスペクトはないとはいえ、やはり太陽−月はエネルギー的にセットなのでしょうか?月は太陽の光(エネルギー)を反射します。
 
太:
 
太陽は10ハウスなんだけど、海王星の方がね、元気でね...
 
  ↑あらら、これは太陽自身の主張という感じではないですが... 同じ10ハウスで海王星の存在が気になるのかしら...
 
木:
 
太陽は夕日に向かっている太陽だったりして...
 
  ↑正午より前の生まれなので、これは実際的な時間ではなく、象徴的に表現していますね。太陽が自分の力をもう終えようとしてるような...?? しかし、本来ノーアスペクトの太陽(オーブ広く火星とオポジション)は決して「夕日に向かっている」わけではないはずですが...
 
太:
 
限りなく閉じこもっている
 
  ↑自分の力の使い方の手段が分からない、ということを訴えています。これは、ノーアスペクトの性質を表現しています。
 
火:
 
火星登場してみようかな...でも4ハウスだからね(あまり派手でないな)...オーブ3度のキローンの調停を使おうとすればできるかも !!
 
  ↑太陽とのオーブの広いオポジションを抜くと、ノーアスペクトになります。キローンとのセキスタイルを“手段”として使おうと試みています。
 
火:
 
やるぞ、とにかく何かやるぞ !! 太陽と海王星は仲良くやってくれるはずだよ、理想に向かってまっしくらだ!
 
  ↑「とにかくやるぞ」は火星らしい(火星は牡羊座のルーラー、牡羊座の木星と発言のタイプが似ていますね)。トラインになる太陽に期待をかけています。
 
木:
 
でも理想って何だ...??
 
  ↑木星自身が具体性を出せないくせに、具体性がないことをつっこみます(牡羊座らしい「自分のことは棚上げ」)。
 
冥:
 
くれぐれもガス欠しないようにお願いします...
 
  ↑あらら、「ガス欠」を気にするとは最もパワーのある冥王星らしからぬ発言!? ここは天秤座(冥王星)らしいバランス感覚を前面に出しているのかな?
 
火:
 
占い師まっしぐら、チャネラーだ(太陽・海王星になっている?)キローンを使って占い師だ! 鏡リュウジ氏ばりにやるゾ !!
 
  ↑キローンの意味合いに過剰に反応している感じがします...(~_~;;;
 
木:
 
英語は出来るの?
 
  ↑この現実的なつっこみはむしろ山羊座の水星の発言みたいですね。ちょっと牡羊座の木星の役割からはずれている感じです。
 
火:
 
うわー、そうくるか...
 
  ↑火星は双子座ということを考えると、語学は嫌いではないはず。ただし、火星自体があまり知的作業と関係しない天体です。
 
水:
 
英語は? パソコンは?
 
  ↑やはり実際的な山羊座の水星のチェックが出ました。
 
火:
 
タイプが違うんだよね...(ブツブツ)...
 
  ↑火星自身の力の主張をしていない感じです。あるいは、このように思い付きでポンポン発言するのが双子座の火星らしい??
 
水:
 
どうせそこまでやるなら、教祖はどうでしょうか、さあ、教祖になれるタマでしょうか、みなさんー?
 
  ↑やはり山羊座はトップでないとイヤなのですね。権力と関係します。
 
木:
 
でも教祖は教祖って感じだよね、教祖いいよ、応援するよ!
 
  ↑権力に焦点を当てると山羊座の意味の教祖、いっぽう何か全く新しいことを始める荒い力という意味では牡羊座のカリスマ性も教祖っぽいです。原始的であるが故に、他のサインにはない突拍子もなさがある!?
 
(活動宮のGCね、組織を固めるとかってふうにはいかないのね、自分が動いているだけで)
 
とりあえず何かひとりでやるのはね、、、ちょっと合わないね)
 
水:
 
女性教祖のおそばつきとか
 
  ↑山羊座の水星にしてはシニカルな感じがします。山羊座では、裏から仕切る感じではないですから。
 
火:
 
女性教祖か... 誰かいませんかね
 
  ↑双子座の火星は、本来の火星の男性的な荒々しさがかなり削がれます。柔軟サインで、火星の直線的な力のベクトルが拡散されるのです。なので、ホスト的なのはけっこう向いているかも??
 
冥:
 
身近な信者とかと密着しちゃいそうじゃない
 
  ↑「密着」というのは、冥王星の支配する蠍座の意味を出しているのかな?8ハウス入り口近くにあり、その影響もありそうです。
 
木:
 
でも教祖としても立派に育つよ
 
  ↑これは木星だけの発言というよりも「木星−冥王星」のオポジションが「王者のアスペクト」なのです。権力への志向を表すアスペクトです。
 
海:
 
教祖というか、、、詐欺師でもいいよね とりあえず一匹狼ね 海王星はなんでもなれるから
 
  ↑これはいかにも海王星的な発言... しかし射手座ですから、もう少し高尚なものを目指してほしいですが...
 
月はがんばってないぞ、もっとがんばらないと)
 
月:
 
月はね... この月に拡大傾向あるのかな? ここにいると動けないという脅迫観念があるのね、だから動かすとしたらこっちだよね
 
  ↑どうも月はずっと、自分自身の性質に自信がないようです。月らしいところを発揮していません。木星や冥王星とのアスペクトは十分に(ハードアスペクトなので過剰なほどに)拡大することはできるはずなのですが。
 
木:
 
だからこれを活性化しないと
 
  ↑水星・天王星のアスペクトのことでしょう。水星と木星はスクエアでハードアスペクトなので、平和でいるよりは活性化したい感じでしょう。
 
水:
 
水星、天王星ラインを使わないと仕事にはなりずらいよね
 
  ↑主にグランドクロスとなる天体が演じていましたが、水星にはセキスタイルとなるお助けがいます。それが水星の、全体的にちょっと余裕のある発言だったのでしょうか??
 
(あれー、解決策が決まらない...??)
グランドクロスで収集つかず... 終わり... (なんとも、怪しいお話でした...)
 
解説を書いてみますと、みなさん非常に良く天体の役になりきっていました。
ふと出てきた言葉も、きちんと天体のサインやハウス、アスペクトの意味合いが出ていましたね!!
こういうのが、「意識せずとも役になりきり」なのでしょうか!?
というので、予想した以上の成果には驚きです!!


♂ 実録その1  ♀ 実録その2